おがたのこと

新鮮な魚を洗練された職人技で

蒲鉾は日本が誇る食文化のひとつです。「おがたの練り製品」は、主に四国の宇和海近海で漁獲された新鮮な魚を使い、洗練された職人の技を受け継いでいるため、鮮度と味には自信があります。また、「より健康的で安全なおいしい食を」との願いから、クリーンな衛生工場での蒲鉾づくりを続けています。

種類は伝統的な蒲鉾や竹輪から、「ふわかま」に代表される創作蒲鉾までさまざま。なかでも「じゃこ天」は第48回全国蒲鉾品評会において農林水産大臣賞を受賞しました。

あたり前の安心・安全に健康をプラスして

いち早く、食品添加物を加えない製品づくりを指向し、従業員に対する衛生管理の徹底から流通における温度管理まで、安心安全をあたり前のこととしてきたおがた。今後は、蒲鉾をはじめとする魚肉製品の栄養素に着目した、健康食品としての開発をめざしています。

農林水産大臣賞 受賞

おがた蒲鉾 じゃこ天|農林水産大臣賞受賞

おがた蒲鉾のじゃこ天が農林水産大臣賞を受賞
第48回全国蒲鉾品評会において、おがたの「じゃこ天」が農林水産大臣賞を受賞しました。
海の幸と潮の香りいっぱいの農林水産大臣賞を受賞したじゃこ天。鮮度も味も自信をもっておすすめできる商品です。

会社概要

商号 株式会社おがた蒲鉾 おがた蒲鉾 本社・本店
代表者 代表取締役 緒方 晃彦
本社所在地 〒797-0043
愛媛県西予市宇和町大江412番地1
電話 0894-62-5880
FAX 0894-62-5440
創業 昭和2年
会社設立 昭和32年3月8日
資本金 1500万円  
営業種目 水産練製品製造・卸・販売  
営業所 松山営業所
 〒790-0056 愛媛県松山市土居田町105-1
 
社員数 45名(パート含む)平成28年11月23日現在
決算期 8月
主な取引銀行 四国銀行、愛媛銀行、百十四銀行、香川銀行、日本政策金融公庫、商工中金
協力会社 株式会社おがた食研
 〒762-0053 香川県坂出市西大浜北2丁目3番12号

取扱店はこちら

沿革

月日 できごと
昭和2年 - 緒方蒲鉾を創業
昭和32年 3月8日 有限会社緒方蒲鉾本舗を設立 資本金300万円
昭和41年 11月 第19回全国蒲鉾品評会 水産庁長官賞 蒸蒲鉾
昭和42年 11月 第20回全国蒲鉾品評会 水産庁長官賞 蒸蒲鉾
昭和43年 10月 第21回全国蒲鉾品評会 農林大臣賞 蒸蒲鉾
昭和46年 11月 第24回全国蒲鉾品評会 水産庁長官賞 蒸蒲鉾
昭和47年 11月 第25回全国蒲鉾品評会 農林大臣賞 蒸蒲鉾
昭和49年 9月10日 松山営業所開設
昭和51年 12月6日 社名を株式会社おがた蒲鉾と改める
昭和53年 12月6日 増資により資本金650万円となる
昭和55年 4月7日 増資により資本金1500万円となる
平成2年 7月21日 愛媛県東宇和郡宇和町大江412番地1 本社移転
(現在:西予市宇和町大江412番地1)
平成7年 11月13日 第48回全国蒲鉾品評会 農林水産大臣賞
平成17年 10月28日 平成17年度食品衛生全国大会にて食品衛生優良施設として表彰
平成19年 10月26日 平成19年度食品衛生優良施設  厚生労働大臣表彰

経営理念

おがた蒲鉾の経営理念:人間尊重と幸を経営の根本として、日々新鮮な材料の吟味と新たなる製造・技術の開発を研究し、豊かで健康的な製品づくりに励み、食文化の一端を以て、地域社会の進歩発展に貢献することを経営理念とする。